メールのやり取りの擦れ違い

Posted by rezurex
6月 17 2014

女性特有の大量のメール攻撃に酔易とさせられている男性というのは多いのではないでしょうか。メールのやり取りの擦れ違いがもとで、女と喧嘩をしてしまったという人もきっと多いでしょう。たかがメールのやり取りで、どうしてこんなに擦れ違ってしまうのでしょうね。それは、そもそも男と女とでメールに対する認識が違っているからですね。女にとってメールとは会話なのです。それが男にとってメールはあくまで会話ではなく手紙みたいなものなんですね。女は会話の延長線上でメールを打っているから、相手からの返事がないと無視されたような気分にさせられるわけです。女脳は、会話による共感、を本能的に求めるようにできているから、会話が途切れ、相手が黙り込んでしまうことに不安を感じるのですね。それで、メールの返事が来ないと相手から拒絶されたかのような気分に陥ってしまうのですね。男はというと、手紙の感覚でメールを打っているから、すぐに返事をしなくても、暇なときに書いて投函すればいいやと思っているわけですね。手紙であれば、、忙しくて返事をするのが遅れた、という言い訳をすれば通るものですしね。返事が2、3日遅れても、一向に問題ないという感覚でいる男性は多いのではないでしょうか。

Trackback URL for this entry